ISCは、新たに社内に船舶管理部門を設け、V.Groupと連携しながら下記の5つのサービスを展開いたします。
V.Groupの日本に於けるサテライトオフィスとして、日本人スタッフがお客様をサポートいたします。

 

船舶管理


 
船舶管理部門であるV.Shipsは、全世界で500隻以上の船に船舶管理サービスを提供しております。

230名の監督が在籍し、世界中に管理拠点を有しておりますので、船が世界中のどこにいても、24時間365日対応いたします。
船舶管理サービス向上の為に、日本のお客様が所有する船舶を管理する専属チームを設立いたしました。所属する監督は、日本オーナー所有船の管理経験も豊富です。このチームによって、良質な船舶管理を提供いたします。
またV.Ships が開発した総合船舶管理ソフト「ShipSure」は、最新の管理システムを搭載しており、費用対効果の高い修繕維持や部品・船用品購入の計画を提供します。
V.Shipsは、お客様が自らの財務状況を常に把握できるよう、詳細な船舶管理コストの報告をいたします。また定期的にミーティングの機会を設け、技術的/財務的な観点から船隊のパフォーマンスを向上するアドバイスを提供します。
V.Shipsが世界中にもつ購買ネットワークを最大限に活用することにより、船用品や予備品をタイムリーに、かつ経済的に供給し、通常の購買ルートよりも大幅なディスカウントが期待でき、経費削減につながります。

 

船上ケータリング


 

V.Groupのサービスにおける経験と、クルーズ船におけるホテルサービスマネジメントで培った経験を融合し、2002年から船上ケータリングサービスを開始しました。
船種を問わず、プロフェッショナルな船上ケータリングサービスを提供し、V.Groupの購買力を活かし、質の高い食材を適正価格でご購入いただけます。
実績
  • 約800隻の船舶へのサービス実績
      (カーゴ、オフショア船、フェリー、クルーズ船 etc)
  • 提供サービスの50%は、V.Shipsが管理する船舶へのケータリングサービスです
  • ケータリング用食材調達費は年間約7000万ドル
  • 運営オフィス7拠点: モナコ、レメソス(キプロス共和国)、ピレウス(ギリシャ)、オデッサ(ウクライナ)、ムンバイ(インド)、マニラ(フィリピン)、パプアニューギニア
  • 65名の陸上スタッフ – 食品製造・調達もしくはクルーズ/フェリー運航・経営の経験者 – が船上でのサービスをサポートします



 

水中検査


 

V.ShipsグループのUMCは40年以上にわたって、オーナーが所有する船舶が水中で最高のパフォーマンスを発揮できるよう、船体のクリーニングからコーティング艤装に至るまで、広範囲にわたるソリューションサービスを提供してきました。
UMCが提供する画期的なサービスにより、オーナーは船舶に万が一の事態が生じても、入渠期間を最短に抑えることができます。その結果、船は可能な限り航行を継続でき、オーナーが被る損害も最小限に止めることが可能です。
ダイバーの管理責任者として、UMCはIMCA (国際海洋請負業者協会)に加盟しており、 IMCAのガイダンスおよび制定法に従って、安全な水中検査を今後も実施していきます。
IMCAの「Design & Consultancy」部門は、プロジェクトを管理するうえでのサービスの提供や、即時現場にて適用が可能な技術的な解決案をお客様に提供します。すべての責任者は航海経験があり、運航や機器に精通した資格を持ったエンジニアです。
また「Manufacturing」部門は、オーダーメードのコファダムの設計および製造に対応します。ほかにも次世代型の船体デザインやプロペラクリーニングの機器、水中で使用可能なペイント材や接着剤など、画期的な製品を数多く取り揃えています。
水中でも対応可能な船体検査と修繕内容
  • 船体クリーニングとプロペラの研磨(世界中でネットワークを構築)
  • 安全検査
  • 水中検査 (NK承認済み)
  • プロペラの修理・交換
  • 外板やコファダムの修理 - *DDでの追加修理不要 (NK承認済み)
  • 水中でのプレートの厚さ測定
  • 衝突や座礁の際の即時対応
  • 水中での溶接や塗装
  • フィンスタビライザーの交換
  • ICCPシステムの交換
  • 推進システムの交換
  • 水中センサー/ソナーの取り付け・修理・交換
  • 水中防音壁の取り付け・修理
  • 係留ブイのメンテナンス
  • 水路測定

備品供給


 

V.GroupのMARCASは海運会社とサプライヤーの間に入り、仲介会社として発注者に代わってオーダーを請け負います。複数の会社からの注文を同時に扱うことで スケールメリットを生み出し、それによって海運会社は消耗品をより低価格で購入することが可能になります。MARCASはサプライヤーのリーディングカンパニーが集う市場にネットワークを持っているため、MARCASを通して数多くの良質な製品をご購入いただけます。
*取扱製品の一例:潤滑油、スペア品、化学薬品、塗料、生活雑貨、海図など
MARCASは世界的にも広く認知されているため、160を超える商品/サービスサプライヤーに対して発注をかけることができます。

 

船舶検査


 

V.GroupのSeaTecは船級などのさまざまな検査や新造船や修繕船立ち合いを専門とし、またRightshipの検査項目を完全に網羅する形で事業を展開しています。
SeaTecによる検査報告は、世界の検査会社の中でも特に優れた内容だと、クライアントから評価をいただいています。
SeaTecのクライアントは主に、船主、船舶管理会社、金融機関、シップブローカー、船体およびP&I保険会社などです。
業務内容
  • 売船前訪船検査
  • 訪船検査
  • 投資前後の訪船
  • Rightship検査前の予備検査
  • スクラップ積み船の航海の査定
  • 海難事故による損害の査定
  • P&I保険の検査の立ち会い
  • 旗国検査の立ち会い
  • 船級検査の立ち会い
  • Off hire/On hire検査
Rightshipとは
  • Rightshipは、ドライバルク船の安全性および品質水準を向上させ、また世界のコモディティ企業から船舶の検査にまつわる重要な専門知識を引き出すために、共同ベンチャー組織として事業を開始しました。世界最大の鉱業会社BHPビリトンや鉱業・資源グループであるリオ・ティントの支援を受けつつも、独立した経営を保ってきました。
  • 従来、荷主にとっては、自らの海上でのリスクを管理するため、各々が独自の審査システムを構築することが主流でした。その環境下でRightshipは、それぞれの会社が保有する知識資産を統合し、新たに包括的リスク管理ツール「Ship Vetting Information System (SVIS™)」を開発、2016年までそのサービスを運営してきました。2016年以降は、膨大なビッグデータに基づいてリスクを試算する次世代型ツール「RightShip Qi」を開発し、すべての加盟会社に導入いただいています。
  • 今日、Rightshipは検査機関にまつわるサービスも展開しており、石油・化学製品・ガス関連の業界に対しては、「OCIMF SIRE」の検査官の派遣も請け負っています。